30歳独身男性団体職員の神待ち

私は生まれてからこの方彼女と呼べる存在の女性が私のそばに居た経験が一度もありません。
私は大学生時代にファッションや髪型を頑張って改善して何とか一般人女性とお付き合いをしようと試みましたが、ことごとく私のアタックは相手にされず、私は大学時代に一般人女性を彼女にする事を諦め、そして神待ちをして女性との性交渉をしようと考えたのです。
そして私は社会人になり、現在に至るまで主に日頃の性交渉は家出掲示板で私の住んでいる賃貸マンションに訪れた女性と行っています。
私は家出掲示板を利用して今年でほぼ丸10年になるのですが、これまでに私が神待ちを家出掲示板で行って女性が私の自宅マンションに来てくれた回数は50回以上あります。
その50回以上の何回かは性交渉を持たずにバイバイした女性も居ましたが、ほとんど家出をして家出掲示板経由でやってきた女性とは性交渉をする事に成功しています。

今回は、ネットで見つけた家出掲示板【神待ちの女の子を自宅に泊めてエッチした体験記】というサイトに掲載された方法で、家出少女を求めて神待ちすることにしました。

私は先日も家出掲示板に「割り切ったお付き合いをしたいと思っています」と書き込み、タイトルに続けて「家が無い、家に住んでいない、寂しい女性の方いつでも我が家に泊めてあげます」と書き込んだ所、書き込みを行ってからわずか1時間ほどで2件の女性からの返信メールが私の携帯電話に届いたのでした。
そして私はその2件の女性に返信メールを送信し、1人の女性は別の神待ちをしていた男性宅へ行ってしまいましたが、もう1人の21歳の女性は私の住む自宅マンションに訪れてくれたのです。
彼女は年齢が21歳の元アニメーターの女性で、アニメーターの給料が安く仕事を辞め、その後アパートの家賃が払えなくなってアパートを追い出された後に路上をぶらぶらする生活を数ヶ月送り、いよいよ食事をするお金も無くなって一か八かで閲覧した家出掲示板で私の書き込みを見てメールを送ったと話してくれました。

彼女は黒髪ロングストレートの眼鏡っ子の可愛いぽっちゃりとした女性で私好みで、現在は彼女の様な感覚で私のマンションに住み、毎日性交渉を行っています。

26歳独身男性会社員の神待ち

現実においては他人に言えませんが、実は神待ち体験にて二週間も女性を自宅に泊めていた経験があります。
独身であり一人暮らしだからこそ神待ちの女性を自宅に招く事ができたのですが、インターネットにて手頃なセックス相手を探していた際に、宿泊させる代わりにセックスを行なってくれる、いわゆる神待ちの女性が沢山いると知り、そこから自宅に泊めるまでにこぎつけました。

掲示板に写真付きで投稿をしていた女性なのですが、外見がタイプであり、「家に泊めて下さい。目安は1週間程度を希望します。タバコを吸う人でも構いません。泊めてくれる代わりにセックス、掃除、家事などを行います」と書かれており興味本位で連絡を取りました。
いきなり自宅の住所を教えるのはまずいと思い、駅で待ち合せてから一人である事を確認して宿泊させたのですが、セックスは中出しすらOKしてくれますし、アブノーマルなプレイもOKしてくれ、それだけでなく掃除、料理、買出しも行なってくれ、セックス付きのメイドさんを得たといった感じでした。

裸エプロンを要求して家事をさせていましたが、ただ同然でこんなにも楽しい思いをしていいのかなあ、と思ったくらいの楽しい経験でした。

メス豚女子を自宅に泊めた体験記